メモリーカード(CF)を洗濯機で水没!→無事だった件

精進湖より望むご来光と雲海と富士山

富士山写真家 オイです。

先日、メモリーカードを洗濯機で洗ってしまいました、、、


登山もしたし、寝不足で疲れていた撮影の日のことでした。

メモリーカード(コンパクトフラッシュ)をポケットに入れて家に持ち帰ると、登山で汚れたズボンを洗濯機へ。

洗剤も入れてスイッチオン。


シャワーを浴びて、いざ撮ってきたデータをチェックしよう!と思ったときに、すぐに事態を把握しました。

ポケットからメモリーカードを取り出した記憶がない。

どうりで、さっきから洗濯機の中でカラカラと音がしているわけだ。


シャワーを浴びている間に、一通りの洗濯が終わりちょうど水が抜けて、これからすすぎか脱水というところでした。

想像した通り、洗濯機の底にあったCFカードを救出。

でも大丈夫、私は過去に何度もiPodを洗濯したことがあるが、壊れていないのだから。


そういうわけで、ショックはありつつも、ひとまず冷静に乾かすことにします。

まずは穴の部分などに入った水を落とすため、ティッシュを当ててトントン。

あまり衝撃をを与えるのも良くないですが、さっきまで洗濯機の中で散々ぶつけられていたわけですから、それに比べたら…


ネットで調べてみると、SDカードにしろ、CFカードにしろ、復旧できたという話が多くありました。

きっと大丈夫だろう、と。

ドライヤーで乾かすというような話もありますが、あまり熱を当てるのも良くないだろうと、それは避けました。

大事なことは、少しでも湿気が残っている状態で通電しないことです。

これは携帯電話やその他の電子機器でも同じこと。

水が電気を通しますから、濡れた状態で電気が通ったときに壊れるわけです。

しっかり乾けば元通り使えることが多いのではないかと。


そのへんの知識はあったので、とにかくカードをしっかり乾かすことを意識しました。

まずは、ストーブの風をやや遠くで当てました。

あまり熱くなるようでは危ないので、離れたところで。

カードの周囲に風を流すことが大事です。


そして数時間はストーブに当てました。

次は、扇風機を使って風を当てることにしました。

これは、寝ている間にストーブを消すため。

とにかく風を当てれば水は乾きます。

ただ、カードの内部まで水が入っていたとすると、なかなか乾かない可能性もあります。

ただ、「水が入る」ということは「風も入る」わけですから、水が中に入っていたとするならば、風を当てて効果があるはずです。


そして扇風機を当てること半日ほど。

さらにもう一度、ストーブで軽く温めていきます。


何日くらい乾かすかは、迷いました。

絶対に復旧させていなら、ダメ元でも1週間くらい乾かすことも考えられます。


ただ私の感覚的に、一連のストーブ、扇風機、ストーブの連携で「もう十分乾いただろう」という感じがしました。

あくまで感覚ですが、せいぜい厚さ3ミリ程度の小さいカードですから。


そういうわけで、水没から約17時間後くらいには、通電して確認することに。


その結果が、タイトルにもあるとおり無事でした!

何の問題もなく、いつも通りです。

ネットで調べた結果や、知人からの助言をトータルすると、復旧するケースが多いようです。

逆に壊れたという話はほとんどなかったです。


ただ念のため、データを救出したあとは、カードを使わないようにすべきという意見もありました。

それは確かだと思います。

最悪の場合、カメラや、読み込むためのパソコンを壊す恐れも。


ただ私の場合は、大丈夫だろうと思い、使い続けてみます。

翌日、水没したカードで撮影しましたが、問題は出ませんでした。

ただ、水没したカードを使い続けることはオススメはできません。私は使う、というだけです。


私は同じカードを2枚使っているため、一応、水没したほうのカードには「水」と書いておきました。
水没したSanDisk コンパクトフラッシュ(CFカード)
仮にトラブルがあったときに判別するためです。


そういうわけで、「メモリーカードは洗濯しても(たぶん)大丈夫!」というお話でした。

ちなみに私が使っているのは、SanDiskのコンパクトフラッシュ、64GBです。コスパがいいカードです。

(初心者のために説明しておくと、カメラはある程度の上級機になると、SDカードではなくもう少し大きなCFカードを使うものが多くなります。)


ちなみに、冒頭の写真が、水没したカードから取り出した画像のうちの1枚です。

以上、富士山写真家 オイでした。
- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2018年カレンダー

ほかのブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。