大地が作り出す絶景。
人間の手が介在していない風景がそこにあります。

これが私の追いかけている一つのテーマでもあるのです。

「写真」というテーマは非常に広く、そこには人間が写っていたり、人間が作ったものが写っていたりするのですが。

いろいろな写真がある中で、やはり自分は「自然が好きだ」ということ。

人間が作った「綺麗」が悪いわけじゃないが、自然が作った「綺麗」は神秘的で儚いと思うのです。


この写真に写っている富士山も、雲も、山並みも、雲海も、太陽も、全て自然の産物であるのです。

だからこういった写真には思い入れが強くあります。


この年の3月~4月は朝焼けや雲海の発生が非常に少なく、「快晴の富士山と何か」を組み合わせるような撮影がおのずと多くなりました。

ただ、そういった写真は「想像を絶することがない」ので、今ひとつ撮影していても気持ち的な盛り上がりに欠けるのも事実なのです。

(他方、「花と富士山」等の写真は一般的には非常にウケが良いのですが。)


やはり私の原点といいますか、このような自然が魅せる景色は大事にしていきたいと思います。

それは初期に私にインパクトを与えてくれた大山行男氏の写真に教わったことです。

彼の作品のほとんどが「二度と訪れない光景」を捉えています。


「綺麗か・綺麗じゃないか」だけで写真を判断するのは少し勿体無い気がしますね。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2018年4月29日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。