朝霧高原より望むダイヤモンド富士࿸息フィルター使用࿹の写真̌̎Blue Ring̏̍

『 Blue Ring 』

★★★☆☆
Nikon D800E / PENTAX 67 SMC MACRO-TAKUMAR 135mm F4

朝霧高原からのダイヤモンド富士、幻想的なブルーのリングを添えて。

富士山撮影において初めて、1日3回の日の出を撮影した朝でした。


夜明けは、朝焼けの可能性があり本栖湖へ。

しかしちょうど夜明け前に雲が流れて一気に冬型へ。

富士山には雪煙が舞います。

日が出た後、さて帰ろうと車を走らせていると、「ん、ちょうどダイヤモンド富士が撮れるかもしれない」と思って丁字路を右折。

車を南へ走らせると、太陽は富士山の裏側へと。

もう太陽が出る寸前だ!というところで急いでカメラにレンズをセッティングして、手持ち撮影。

わかってはいたものの、富士山頂右側からのダイヤモンドとなりました。


この手のダイヤモンド富士は、もう”フィルター”を使わないと物足りなくて仕方なくなっている最近。

この幻想的なリングがとても美しいですよね。

現実とは違うものの、「イメージの世界」としてはとても良い表現になっていると思います。

とはいっても光学的にこのような描写となるので、ある意味リアルなんですが。

そのフィルターが今回、珍しく青色に発色しました。

これが撮ってみないとどう写るかわからないのが、面白いところなのですが。

レンズ等にもよるでしょうが、通常は虹色、色々なカラーが出ます。

今回はこの1枚だけが、見事に青を強調した仕上がりに。

こういった撮影における偶然性を楽しむのも、カメラの、写真の醍醐味の一つですね。


見たままを綺麗に描写するもよし、遊び心を持っていじるもよし、カメラは自由度の高いツールです。

有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2018年1月26日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。