コンテストに入賞した『月雲に遊ぶ』の別カットです。
一晩中、雲の流れが面白くてひたすら撮影し続けていました。
ブログにも書いたとおりです。

月が絡み、雲が流れ、逆さ富士も見事という条件ながら、
ダイヤモンド富士を撮りに来たカメラマンたちはみな車の中。
勿体無いですよね。

朝には雲が晴れてしっかりダイヤモンド富士が見られたのも、本当にラッキーな条件でした。

『月雲に遊ぶ』のシーンからは時間が経っており、雲の出方が少々違います。
流れて筋を描くような雲ではなく、空全体に広がる鱗雲のような状態に。

また、月がより南側に昇ってきて富士山も半順光に。
真夜中ながら、富士山の白い冠雪が眩しく輝いて気持ちが良いです。

ところで、この池からの撮影は、現在は厳しい条件に変わってしまいました。
2015年8月に行われた長渕剛オールナイトライブのタイミングで、
富士山方向に明るい街灯が設置され、真夜中も煌々と光っています。

この日のように月がいくら明るいといっても、目立ってしまうことでしょう。
ましてや月のない夜に天の川を撮ろうものなら、強烈な光となってしまいます。

よって、今は消えた絶景です…

人工的な撮影ポイントであっても、いつ消えて撮れなくなるかわからない。
本当に、良いと思えば幾度となく通って作品を残すべきだと感じます。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年1月18日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

この日のブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。