2015年、特に大ブレイクした高ボッチからです。

あまりにも多くの人が撮るので、
少しでも人と違うものをということで縦構図をチョイス。

街はガスっており、雲海に変わる展開も期待されましたが、ここまで。

いよいよ夜が終わり、朝が来ようとしている時間です。

望遠レンズでの撮影となるので、
太陽が昇るのは背後ではありませんが均一なグラデーション表現となります。

肉眼ではまだ色がほとんど確認できない時間なのですが(夜景より弱い光)、
カメラに映し出されたほんのりとした赤色に感動を覚えました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年1月17日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。