私が”銀富士”と呼んでいる富士山の姿です。

富士山の雪面がちょうど鏡のような役割をし、
太陽光を強烈に反射する状態になっています。

大山行男氏はこのような富士山の姿をよく撮影していましたが、
今のところあまりメジャーではありません。

この年に新しく知ったポイントから撮影しました。
かなり富士山に近い位置で、平べったい山頂の様子がまた珍しい印象ですね。

季節・時間により太陽の角度も違ってくるため、
いつがベストタイミングになるかも、今後の研究課題となりそうです。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2023年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年1月17日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。