雪の少ない真冬の赤富士(紅富士)です。

暖冬の影響もあり1月に入っても雪が少ないままの富士山。
西日に照らされる様子は、本来は雪があれば「紅富士」と呼ぶのですが、
雪が少なく赤っぽい地肌も見えており、「赤富士」と呼べそうなくらいです。

多くの人が「雪がついてほしい」と言っていますが、
私は必ずしもそうとは思いません。

雪が少ないなら少ないで、また違った写真が撮れるからです。

白と黒の入り交じる様子は繊細かつ迫力があり、
これもまた富士山の荒々しい魅力のひとつだと思います。

そこで力強さの象徴でもある「大沢崩れ」を望みたくなって西側へ。

西側でもとくに、南西側からの富士山はあまり撮ったことがなく、
今まであまり行かなかったポイントからの撮影に挑戦しました。

この日はちょうど快晴で綺麗な夕暮れとなり、
夕方の光線が綺麗に入って富士山を染めました。

最後の最後、山頂部分にわずかに残った赤い光を主題に、仕上げました。

西には少しだけ雲があったため、富士山に横筋の影が映っています。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年1月14日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。