「豪華絢爛」に掛けて、「しゅうかけんらん」と読ませることにします。

2018年の秋に撮影した美しい秋の景色でした。

山梨に移住して、世界に誇る展望スポットがすぐ家の近所。

半分寝ぼけたまま、眠い目こすってやってきた朝でした。


「なんとなく良い雰囲気」は感じていたのですが、そういう”予感”みたいなものが大事ですね。

こんなに素晴らしい鱗雲が空に出ることは、稀。

この年は桜の木の紅葉もよし、富士山の冠雪もよしで条件は完璧でした。

手前にも光が差し込んでくる一番良いタイミングで、広がった美しい雲。

忠霊塔を望む展望台と、もう一台のカメラを開けた場所にも置いて、2台のカメラを行き来しながら走り回って撮影していました。

良い光景が出てくると自然と力がみなぎってくるものですね。


撮ったときはそこまで強く気に入ってはいなかったのですが、
時が経つにつれて「これは名作だな」と自分でも思うようになってきました。

2020年はコロナ影響で展望台が閉鎖などもありましたが、また開放され、秋も大賑わいでした。

人気が高まってくると、駐車場や入場の規制があったり、有料化という話もあるようです。

カメラとSNSの発達で、絶景スポットは毎年変化の渦に巻き込まれていきます。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2020年11月25日

自己評価: ★★★★★

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。