自宅のある富士吉田では小雨が舞う夜に出発。

台風14号が九州付近にある朝、少しチャレンジしてみようと登山。

なおこの日は新型コロナウィルスのワクチン接種後約1週間で、運動や体力面で問題がないかを確かめる意味もありました。

東風が続く日々で海からの湿度が入っていたものの、御坂あたりの山で堰き止められているだろうという予想でしたが、その通りでした。

甲府盆地側にも少しモヤや雲海がありましたが、朝にはなくなりました。

東風の場合は雲海が高くなることがあり標高をアップしましたがあまり効果はなし。

それどころか、目線の高さやそれ以上のところに雲があり、一時は富士山が隠れるなどギリギリの状況でした。

前夜21時の舘野のエマグラムを見ると3000m付近まで湿度が高いデータとなっていましたが、ドンピシャだったと思います。ここの精度はかなり信頼できますね。

富士山の山頂付近にも雲が掛かっており、ここが3000m前後のラインだったと思います。
富士山山頂のアメダス湿度は低かったです。

この日は外界は雲が多くあまり富士山がスッキリ見えているところはなかったようですが、上空はまずまずの優しい朝焼け。
爆焼けとまではいきませんが良い色でした。

天気と山は突き詰めるとかなり面白いです。
しかし最近あまり富士山や空が良い表情を見せてくれていないように思います。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2023年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2021年9月19日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。