本栖湖で撮影した『パール富士』です。

パール富士と言うと狭義には満月付近の定義となるかもしれませんが、ここでは山頂付近に月が重なる現象を定義とします。

撮影したのは2021年2月8日の未明。

非常に貴重なカットとなりました。
撮影当初は、史上初の撮影成功かと思われたのですが、2020年に知り合いの方が既に撮影していたようです。

ただ、今回の位置あたりで観測できるのは、私が調べた限りでは2010年3月9日以来11年ぶりでした。
2020年の撮影では更に本栖湖の奥、観測地は右になり富士山が半分隠れてしまいます。

ダイヤモンド富士やパール富士に興味がある方であれば、「富士五湖の中でダイヤモンドやパール富士が見られるのは山中湖だけ」というのが常識でした。

ところがどっこい、なぜか本栖湖で観測できる日があるというのです。
教えてくれたのは知人でした。


その情報を元にして撮影当日、興奮しましたね。

本栖湖でダイヤモンド富士を見ることは、できません。

富士山を撮影している人間でないと、なかなかこの意味が分からないと思いますが。

日食とか月食のときに世間が盛り上がりますが、その感覚と同じです。とても貴重な現象。

ではなぜ今回のような事が起こるのか?それは、調べて分かってきました。

色々と興味深い世界がありました。もう少し可能性を追ってみたいところです。

ネタバラシ?はまたいつか!

富士山を撮っていると色々な発見や学びがある。それが楽しいんですよね。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2021年5月31日

自己評価: ★★★★★

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。