桜と富士山の変わり種カットです。

桜の花弁が大きく写された写真は、桜の存在感やパワーを感じられ良いです。
そのような構図で富士山までパンフォーカスできる場所はほとんどなく、
今回は富士山をボケさせて表現してみました。

枝は、忠霊塔で人気の新倉山浅間公園で発見。
こういう構図も意外と簡単そうであまり作れないかもしれません。

「桜と富士山」の写真はあまりにも人気が高く、
定番の場所で定番の写真をカメラマンたちがこぞって撮る状態。
SNSなどをやっていればさすがに見飽きてしまい、ちょっと遊び半分でこの一枚を撮りました。


この日は強い北風が続く春には珍しい天気で、
空が深い紺色のような不思議な色をしていました。

乾いた空気でヌケは良かったと思われますが、大気汚染の影響は少なからずあったように思います。

地球規模で変化する空。毎年、毎年、空の色も変わりゆくものと思います。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年4月18日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。