観音岳より望む朝焼けと富士山の写真̌̎孤高の稜線̏ - 南アルプス北部エリア࿸山梨ݼ࿹̍

『 孤高の稜線 』

★★★★★

長らく温存していたお気に入りの一枚です。
舞台は6月の南アルプス観音岳。

南アルプスの一般的な登山シーズンは雪のない夏で、
その時期には雪の乗った富士山を望むことができません。

「アルプスから雪のある富士山を」という思いがあり、6月に挑戦することにしました。

この時期、ちょうど林道が開通するタイミングで、前日に国師ヶ岳へ登山していました。
そちらもまだ登山道に雪が残りやや苦戦しましたが、もう雪が多い時期ではありません。

そして国師ヶ岳から、この観音岳を望遠レンズで覗き込んで、
雪がどれくらい残っているか確認し、「これは行けそうだ」ということになりました。

朝は国師ヶ岳、そしてその夕方にはそのまま薬師岳まで登っていました。
今思うとなんて元気なんでしょうか。

そして稜線で一晩を明かして、観音岳で朝を迎えることに…


その朝は、素晴らしい朝焼けとなりました!

天気図などを見るとある程度は期待していたのですが、
予想以上のパーフェクトな朝焼けでした。

青と赤が天空で入り混じり、視界一面が紫色となりました。

1焼けから2焼けまで見事な色が続き、正にサプライズの朝となりました。

南アルプスという秘境から、雲海・朝焼け・冠雪の富士と滅多に見ることのできない貴重な光景です。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年4月13日

自己評価: ★★★★★

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。