山中湖より月夜に舞う吊るし雲と富士山です。

先日も面白い吊るし雲を撮影しましたが、再び似たようなシチュエーションで吊るし雲の撮影に成功しました。
今回は富士山もしっかり見えており、星空も覗く状況のため満足度が高いです。

低気圧接近に伴い、日中に一度は曇った空が再び晴れはじめ、吊るし雲が舞うというパターンです。
この展開を予想していたので、日中はロケハンに徹し、夜に備えていました。

日本海に入ってくる低気圧は強く発達しており、風はかなり強い。
山中湖も激しく波立つほど風が吹き荒れていました。

空の様子もめまぐるしく変化。
日没後はヌケが悪かったものの、吹き続ける南風に徐々にヌケも回復。

薄雲に覆われていた空にも隙間ができて星が覗きます。

吊るし雲も当然形を常に変えており、一番面白い形だったのがこの瞬間。
このエイかマンタか、ムササビかモモンガかという奇妙な形。
撮れたのはワンショットのみで、次の1枚はまた違う形をしていました。

この日は月があったのがまた素晴らしい条件。
夜に吊るし雲が出れば月光で撮れる…と期待していましたが、思惑通り。

この時は月の周りにやや薄雲があり、よく見ると月暈が出ています。
写真を少し引きで見てみると、ほんやりとした丸い輪郭が見えるでしょう。
その中心に月があります。

富士山界隈は桜が満開でベストシーズンを迎えていましたが、
静的な花を撮るより、動きがあり、自然を感じ、感動できるのはこうした撮影です。

宇宙、大地、光、風、いろいろなものを全身で受けて撮影します。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年4月17日

自己評価: ★★★★★

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。