本当の富士山ってなんでしょうか?

そんなものはないんですけどね。

しかしこの写真を撮ったときに、そんな言葉が頭に浮かびました。

鋭く立ち上がる稜線、たっぷりと白い雪を被り、雲海の上に頭を出している。

どこかにそういうイメージってありませんか?

今回は100点ではありませんが、そういった理想のイメージに近いシーンを見られた気がします。

イメージはイメージであってなかなかその通りの現実は訪れないんですよね。

最初から答えが見えているのもどこか面白くないようにも思えますが、
しかし一方で、どうしても出逢ってみたい光景でもあるのです。

自分で”撮りに行く”写真というよりは、”その時を待つ”タイプの写真。

また雲の上で逢いたくなりますね。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2018年10月25日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。