南アルプス長期滞在でもっとも印象的だったシーンでした。

西側から富士山を望むこのエリアからは、夕刻に赤く染まる富士山を狙うことができます。

しかし撮影条件は非常に難しいもので、なかなか理想的な状況に出会えないまま数年が経過しています。

今回はひとつ、狙いに近いシチュエーションに出会うことができたと思っています。

残念ながら「赤い」光ではなかったですが、雲間からの鋭い光線でした。

画像からも分かるように、光の上下は影になっていて、非常に細い、まるで「矢」のような光が射しました。

条件としてはやはり、上空に雲があり、雲からの反射光が加わることでしょう。

もしかすると雲が一部の光を遮ることで明暗差が生まれ、光の当たる部分がより強調されるということもあるのかもしれません。

富士山という被写体を通して映し出される、壮大な光と影の演出です。

写真の基本とも言える光と影は、これからも重要であり続けるテーマとなるでしょう。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2018年10月9日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。