台風一過、風の置き土産でした。

何度も大きな台風が通過した今年の夏でしたが、10月に入ってもまだ台風。

今回は進路が北に逸れて大きな被害はなかったものの、この風で10月にも関わらず気温30℃を超える地域が出るなど相変わらずの異常事態です。


この朝は私の所属するFPN(富士フォトネット)の集まりがあり、大所帯での撮影でした。

台風の影響で天気予報も思わしくなかったものの、いざ明るくなってみるとこのような雲の舞に思わず興奮。

富士山やその下に溢れる雲が少しうるさかったので、シャッター時間を長くし雲の描写をやさしく抑えました。PLフィルタも使用しています。

シャッタースピードは2分に設定しましたが、このように長時間で撮影しても形を残して存在感を示すのが「吊るし雲」の特徴でもあります。
ちょうど1焼けの時間、見事な姿を形成していました。

色彩、グラデーション、雲の存在感、様々な要素が折り重なる一枚となりました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2018年10月8日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。