とある良く晴れた秋の朝。

忙しく連日の撮影を続けていたのですが、
前日はかなり霞みが強くなってしまい、「明日も霞んでしまってダメかな?」と思いました。
晴れが続くと空気が霞みやすく、撮影には向かない天気となります。

寝不足が続いていたので山中湖の湖畔でグッスリ寝ていたところ、
朝になってふと目が覚めると、何やら澄んだ空気感!

これは予想外です。今日はダメだと思ったのに。

前日から入ってきた寒気で空気がスッキリ?

これは撮るでしょう!と思い、空が明るくなってから慌てて行動開始。

目的地は御坂峠を越えて甲府方面でしたが、
途中で通り掛かったこの場所でしっかりと一枚を。

ギリギリのところでまだ夜景が残っていました。

左から太陽が昇る斜光の難しい条件ですが、
澄んだ空気感がバッチリ伝わるかと思います。

秋らしく、8合目あたりまで冠雪した富士山の表情が絶妙です。

そういえばこの撮影場所は道路沿いにあり、
今年には、撮影のためなのか歩道を広げる工事が行われていたようですが、
一方で目の前に伸びている木が視界を遮ろうとしています。

もし撮影のために歩道を広げていただいたのであれば、
こんどは木を伐採して展望を確保していただきたいところです。

富士山の展望は大切な観光資源ですよ!

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年11月5日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。