夜明けの畔で主役交代…

「主役」とはなんでしょう?

実は、月と太陽のバトンタッチ。

この日はほぼ満月で、夜中は明るい月が照らしていました。
山頂から昇り来るパール富士を撮影したあと、夜はこの池の畔で撮影。

そして朝が訪れるころ、月が西へ沈んでいきます。
そのとき、富士山を赤く染めます。

富士山が少し赤っぽいのは、沈みゆく月明かりを受けているからです。
「月光紅富士」と呼んでいます。

そして富士山の背後から太陽が迫り、今度は朝の訪れ。

月と太陽、雲、水辺、素晴らしい地球のエネルギーを感じた一晩でした。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年3月16日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

この日のブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。