山中湖から超広角での一枚。
この後、月が富士山に降りてくるため、夜明けの時間から現地入りして撮影しました。

24mmだと月が入るか入らないかという微妙な位置だったので、慌てて広角レンズにチェンジしての撮影。
ピントが甘い一枚となってしまいましたが、夜明けのシビアな時間帯のため、撮り直しも上手くいきませんでした。
油断するとシャッターチャンスはすぐに逃してしまいますね。

3月半ばなのにマイナス10℃。
寒波が入り富士山の頭には雲が。
この1枚だけは、頭の雲もなめらかな表情で撮ることができました。

また、時間帯はちょうど夜明けの色に染まる「1焼け」の紅富士。
この時間はまだ薄暗く、月が輝きを保っています。

まさに絶妙な時間帯。

この時間帯でのパール富士を撮るのが最近の目標ですが、
今回は月が離れている状態での組み合わせということで。

夜明けの絶妙な月の輝き、繊細な富士の色。
見事な調和ですね。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年3月13日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

この日のブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。