10月の甘利山から。夜明けの富士山の表情。

空は霞んでいて理想的な条件とは言えなかったものの、
「これはこれで良い雰囲気」と捉えるのが正解でしょう。

現地で会った知人もそのようなことを言っていました。

広角で周りの風景を取り入れるのももちろん良いですが、
私はこういったシンプルな切り取りを好みます。

シンプルイズベスト…なのかはわかりませんが、一種のアートのような感覚。

グラデーションのみで構成された画面がどこか「写真っぽくない」ような
味わい深い一枚となりました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年3月13日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。