雲上の夜明けです。
富士山の右肩には登ってきた細月が朧に輝きます。

前日は雨上がりの後、南風が続いて湿度が高まっている状態。
それが放射冷却で冷えると朝方は霧が発生することがあります。

霧が少なければ本栖湖などで撮影するつもりでいたのですが、
思ったよりすごい量。

これは山の上に登るか、晴れているところを探して移動しなければならない?

結局、辿り着いたのは朝霧高原を見下ろせる高台。

「朝霧高原」と言えども、実はあまり霧に出会ったことがなく。
このあたりで雲海を見るのは初めてのことでした。

上空には朝焼けしそうな雲もあり、この後の展開に期待したのですが、
なんとこの時間を最後に雲海も消えてしまい、朝焼けもイマイチ…。

結局これがベストショット。

霧も比較的すぐに晴れたようなので、そういうことなら最初から本栖湖などにいればよかったな、と思いました。
でも贅沢は言えません。一期一会の風景を楽しみましょう^^

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2023年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年3月18日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

この日のブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。