今年2回目の高ボッチは、月光から撮影スタート。

去年も(狙ったわけではなく)満月付近での撮影となり、真夜中でも綺麗でしたので、
今年も月光を狙っていました。

ただしあまりヌケは良くなく、富士山はいまいちハッキリしません。
月がちょうど右手側へ落ちていくところでしたので、
PLフィルタを使いました。
月の位置が条件を満たしていれば、太陽と同様に効果があります。

ただ、夜間でシャッター速度が数倍必要となるのは痛いところ。
先日購入したケンコーの明るいPLフィルタ「EX Zeta」が効果を発揮します。

それにしても、やはり富士山撮影においてヌケは最重要要素のひとつ。
富士山まで約100kmの高ボッチともなればなおさらです。

前日に写真仲間が撮影に来ていましたが、ヌケがかなり悪かったようです。
この日はいくらか回復したのを見てやってきましたが、やはり100点ではないですね。

それでも雲海風のガスが出ていたのは○。
日本海から水分が流れこんできて雲海となることもあるので、多少は期待していました。

それにしても高ボッチから見る雲海も、高さがいつも同じ所にあります。
周囲の山に囲まれた盆地で、どこかに水分の出入口があるのでしょう。
雲海が発生しやすい場所は、だいたいダムのような地形になっています。

どこから水分が出入りして、どこでせき止められるのかを分析すれば、
どういう条件のときに雲海になるか見えてくるかもしれません。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年12月11日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。