山中湖から望む1焼けのߕ富士の写真̌̎静かなる色めき̏ - 山中湖・忍野村・梨ヶ原エリア࿸山梨ݼ࿹̍

『 静かなる色めき 』

★★★★☆

車中泊&山上生活6日目の朝でした。
美しい色彩を放つ暗闇の富士山を捉えました。

11月に入り富士山は雪を頂き、空気も澄んで美しいシーンが続きます。

この日は、西側方面での撮影を計画していたものの、うっかり東の山中湖で撮影することになってしまいました。

深夜0時頃のパール富士を狙って山中湖付近にいたのですが、寝過ごして撮影失敗。
さらに朝もギリギリまで寝ていたところ、空の様子が予想していたものと違う!?

この日は高気圧が覆い晴れる予報だったのですが、朝までに予報が変わっており
高気圧は北にとどまったままで、強烈な換気と共に入ってきた湿度の影響か、
薄雲が空全体を覆い尽くすような展開となっていました。

これは、朝焼けだ!と思うも時間が遅く、山中湖周辺以外での撮影は厳しそう。

そういうわけで山中湖での撮影となりました。

結果的には、珍しい展開を撮影できて満足度も高めです。


ふつう、朝焼けは逆光側から狙うほうが強烈な色が撮影できますが、今回は順光。

順光でも条件が良ければ朝焼けは綺麗な色となり、また富士山が光に照らされて強烈に染まるのが特徴です。
このシーンを狙う人は少ないので、こういった写真もあまり見かけません。

また、今回の写真は「1焼け」の時間。
まだ空は薄暗く、夜景も灯っています。なかなか肉眼では色も識別しづらいほど暗いのですが、
朝焼けが強烈な場合は肉眼でも赤色が見て取れます。
このときも、富士山の山頂が暗く、赤く鮮やかに染まっているのが見えました。

先月の10月6日にも同じ場所から1焼けの富士山を撮影しましたが、このときは雪がなかったので赤富士で、また山頂はあまり染まりませんでした。

今回は素晴らしい濃厚な色。
こういうシーンは興奮しますね。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年11月10日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。