朝陽射し込み雲海が黄金に輝くシーン。

初冠雪から一日経って、前夜は再び小雨に見舞われた富士山周辺。

初冠雪の後は南風が吹き続けていましたが、急に北風に変わって雲が出ていたようです。

朝は雲海も期待したのですが、まさかの強風。
北からの風が強く吹き木々が激しく揺れる。

そんな中、富士山の展望は…なかった。

北からの風が山を越えたところで渦巻いてしまい、ちょうど富士山の手前にだけ雲が掛かってしまいました。
ライブカメラを見ても他のところからはよく見えているのに…。

しかし朝日が登る頃に、少し雲がはけて富士山が顔を出す。

雲の動きは激しく、一瞬のチャンスと思いタイミングを伺いました。

基本的には荒れた雲が邪魔くさい光景ではありましたが、
うまくバランスが整ったところで撮影したこの一枚だけが作品にできた感覚です。

ちなみにこの黄金色は、ホワイトバランスは太陽光のままで、
特に暖色系を意識して調整したものではありません。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年10月28日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。