霞の上に顔を出す残雪の富士山。
6月初旬、梅雨入り前の貴重な姿です。

やはり梅雨の時期は富士山を望むチャンスが非常に少ないため、
この程度の雪の量の富士山というのは、意外と貴重です。

下界は霞んでいましたが、標高を上げてなんとか霞の上で出会うことができました。

この時期は太陽がほぼ真横から昇ってくるため、PLフィルターの使用が効果があります。
まだ日の出前ですが、明るくなると早速装着しての撮影です。

富士山の冠雪もより白くクッキリして、美しいですね。
見た目のヌケがよくなるので、富士山がより近くにも感じられます。

山から望む富士山は、観測地点の標高と距離があるため、
より鋭く、高く見えるのが特徴です。

麓から望むその姿とは明らかに異なり、このように望遠で切り取るのも好きです。
見る方向や光線状態、雪の量などでいつも違う表情の富士山。
やはり「富士山はそれだけで画になる」と感じます。

ここ国師ヶ岳から望む富士山は、稜線が美しく非常に高く見えると言われていますが、
雪が付いているとまた違った表情に見えました。

山頂付近に雪が多いせいか、ちょっと丸みを帯びたような「可愛らしい」富士山に見えませんか?

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年6月5日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。