国師ヶ岳の雲海夜景の写真̌̎真夜中́霞のӪ̏ - 奥秩父連山稜線エリア࿸山梨ݼ・長野ݼ࿹̍

『 真夜中、霞の上 』

★★☆☆☆

奥秩父山地国師ヶ岳(標高2,592m)から望む夜景。
この日は少々霞みがありスッキリしませんでした。

天気は晴れていても霞みが強く、標高が低いところでは富士山がマトモに見えない日が続いていました。
そういうときは標高を上げることで、スッキリとした富士山に会えることがあります。

登山口までの林道が開通し、早速登ってきたという知人情報を参考に、私も挑戦しました。

前日は霞んだ空気が下界に滞留して、見事に霞に浮かぶ富士が撮影されていました。
http://photohito.com/photo/3465676/
撮影:minamigaokaさん

天気にあまり動きがないため、翌日も同じような光景になると予想して、深夜にアタックです。

しかしどうも下界からも星が見えるし、あまり雲海は濃くない様子。
富士山のシルエットも肉眼では見えない状態。

そこでカメラで確認すると、うっすらと霞の上に顔を出していました。

この日はメインレンズを修理中で、代用に50mmの単焦点レンズを携行しました。
その50mmで真夜中にバルブ撮影したもの。

事前に衛星画像をチェックしたところ、西から薄雲が近づいているのを確認していました。
朝にはちょうど富士山付近までやってくるような速度だったので、朝焼けに期待。

その雲がちょうど富士山の上にやってきたタイミングで、少し映り込んでいます。
これが朝には広くなり、朝焼けします。

(tenki.jpの衛星画像もチェックしてみてください。
 ちょうど未明~朝の時間にかけて富士山の上空に雲が掛かってくる様子がわかると思います。→)

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年6月5日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。