迫力があり感動的だった本栖湖の朝焼け。
何度かの不発空振りを経て、ようやくゲットした冬の朝焼けです。

なかなか染まらない空に、一度は諦めてあたりを散歩し始めたのがいい思い出。

突然空に色が入りはじめて、「あれ?焼けるの?」と慌てて戻りました。
そこから一気に広がってくる朝明け。

ご覧のとおり空一面というわけにはいきませんでしたが、
遠くの鮮やかな輝きは鮮烈でした。

非常に光が強く、眩しい朝焼けだったのを覚えています。

この一枚は広角気味に撮影。
焼けている部分のオレンジの色味と、空の青との対比を楽しめるようになっています。

一口に朝焼けと言っても、いろいろな焼け方があり毎回違うもので、
何度見ても飽きることはありません。
カメラマンはこんな瞬間をいつも待っています。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年6月1日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。