豊富な流れる雲海と、朝焼けの富士山。
雲の流れが非常に柔らかくて繊細です。微風ですね。

夜も、朝も、日中も、いつでも雲海は良いものですが、
この夜から朝に変わる絶妙な時間帯が、カメラマンの腕の見せ所です。

やはり「変化がある」シチュエーションは、カメラマンを燃えさせますね。
その一瞬しかない、大事な瞬間を収めていきます。

飽きることのない光景に、感動しながらシャッターを切ります。

特に、少し空が明るくなり始めたくらいの時間では、
シャッター速度の見極めが難しくなります。
空はどんどん明るくなるので、長すぎれば露出オーバーで真っ白、
短すぎれば真っ暗です。
まだ暗いうちはカメラまかせオートにできないので、ある程度の”勘”も必要になってきます。

フィルム時代は更にシビアな感覚が求められたんでしょうね。
デジタル時代になり、あとでの補正もある程度可能になったとはいえ、
露出がバッチリ決まった時は、嬉しいものです。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年6月1日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。