まさかこんなところで盛大な朝焼けに出会うとは。

霞んでいるので標高を上げて星を撮影していましたが、
意表をつく朝焼けになりました。

ヌケは微妙だったものの、各地でいい朝焼け。
順光側でもなかなかだったようです。

こちらは日の出方向とは真逆になり、日の出方向は感動的な朝焼けになっていました。

こちら側も盛大に染まれば良いのですが、空を見上げているため、
実は朝焼けの裏に青空が来てしまい、難しいです。

富士山の角度が浅いせいもあり、紅富士も空に反射してしまう気がします。
下から見た方が、紅富士が綺麗に染まっていたようです。

この一枚はホワイトバランスを日陰に設定して色味を出しました。
朝焼けの写真のRAW現像ではたまに使うワザですが、なんだか今回はうそ臭い色味になってしまいました…。

やはり空を見上げる構図での朝焼けは、相当難しい撮影となります。
雲の出方次第で見事になることもあるでしょうし、下界に比べてパッとしないこともあるでしょう。

こうも富士山の近くで朝焼けに出会うことも少ないでしょうから、
今回はまたひとつ勉強になりました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年6月1日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。