2月に入り、久々に山中湖を訪れてみました。
一部が氷結状態で、流氷が湖面を風に乗って流れている感じ。
まだ完全に凍ってはいないようです。

このよな状態の時は、氷が透明、平らであったり、
また氷と氷の隙間の水は風により波立つことが少ないため、
「逆さ富士」を見ることができます。

今回は氷や、氷の隙間の水面に写った逆さ富士が見られました。

撮影のベストタイムよりはやや遅いくらいですが、
この日はヌケも良く美しい富士山が出迎えてくれました。

冬の富士山には表情の変化が少なく、ここのところの撮影ではなかなか楽しめませんでしたが、
青空の下、氷にその評定を写した富士山は、どこか楽しげでした。

私も慌ててカメラを取り出して撮影。
ちょっと楽しい、富士山と対話しながらの撮影ができました。

なかなか富士山との対話が難しい冬の、暖かなひとときでした。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年2月4日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。