パッとしない朝になりました。国師ヶ岳に登りましたが、
上空高くまで霞みが広がってて、スッキリした富士山を望むことができませんでした。

この日は写友の成瀬さんとどこかで撮影をしようと計画したものの、
迷って、迷って、迷って…はて、どこで撮影しようか。

天気が思わしくない日というのは、本当に行き先が思い浮かばないものなのです。

天気が良い日は体がいくつあっても足りない!というほど撮りたくなるのに。

期待感の薄い天気予報の中、林道が冬季閉鎖になるギリギリの時期ということで、
「今年最後の!」ということで登山を決行し、標高約2600mの山頂で待ち合わせ。

寒さに鼻水を垂らしながら夜通しの撮影を続け、迎えた朝です。

ぼんやりと、うっすらと。
しかしあたたかく。優しい富士山が出迎えてくれました。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年1月27日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。