北岳からの夜明け。
上空の雲は朝焼けを期待させるものでしたが、
光が入らずにまさかの不発…!

しかし、青い空というのも悪くないと思うべきです。

カメラマンはいつも「朝焼け、朝焼け」と言い、朝焼けしないとガッカリする。
しかしそれは、一つの固定観念であります。

焼けなかった写真がダメか?というとまったくそんなことはありません。

写真にはいろいろな側面があります。
撮ったときに興奮した!ということも一つ大事ですし、
出来上がった作品が多くの人に評価される、ということも大事ですし。

朝焼け不発の写真は、撮影時にはガッカリしますが、
作品としては悪くない可能性があります。

とくに、プリントして部屋に飾ろう、などと思ったときは
間違いなく赤い空より青い空のほうが落ち着く写真になります。

そういうわけで、どんなシチュエーションも、立派な作品になりうる可能性があると思うのです。
…というのは、他の写真家の写真を見て思ったことですが(^_^;)

この一枚は、果たして「見ていて落ち着く」一枚となったでしょうか。
なんとも言えませんが、「朝焼けだけが正解じゃない」ということを
認識するために大事な一枚になったと思います。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年9月27日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。