念願だった北岳からの朝焼けと富士山です。
何度も通って、ようやく巡り会えた瞬間でした。

前日も上空に雲があり焼けるかと思いましたが、不発。

めげずに粘ってついに翌日!

1焼けの時間から良い雰囲気が漂っており、緊張のバルブ撮影。
続いての2焼けは、非常に濃厚な色に染まった!

赤い朝焼けの隙間から覗く水色の空も、また空に描くアート。
全天真っ赤も憧れますが、これももう一つの憧れの光景でした。

秋らしく雲は低めで形がハッキリしており、迫力があります。

待ちに待ったこの瞬間、興奮しつつも正確に撮影します。

ピンボケを心配してAFはライブビューを用いてコントラストAFを使用。
また空の色はいつ消えてしまうか分からず、
望遠、広角、望遠、広角とレンズを交互に交換しながらひたすら撮影。
一瞬たりとも休みなし!

今回はかなり長い時間焼けていたと思いますが、
朝焼けの色が引くまでひたすら撮影を続けました…。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年9月27日

自己評価: ★★★★★

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。