薄く張った雲海の上に顔を出す富士山。
何気ない「富士山だけ」の切り取りですが、個人的にはこういうのが大好きです。

特に冠雪がある富士山は、それだけでアートです。
ですから、望遠で富士山だけを切り取れば、それだけで良いのです。

南アルプス方面からの眺めは中でも絶品ですね。
富士山が最も”カッコイイ”と思える角度です。
富士市あたりからの富士山も好きですが。

また、細かいことを言うならば
富士山はより近い・低いところからは鈍角で平たく見えますが、
より遠い・高いところから見ると、鋭角で切り立って見えます。
遠くから見るほど、高いところから見るほど、富士山はよりその存在感を高めます。

それから今回ひとつ勉強になったのは、朝はギリギリで逆光だったのですが、
日が昇ってくると富士山に日が当たってくるということでした。
おかげで左半分は光が当たっていて、立体感が出ました。これがこの写真のミソですね。

太陽は南に向かっていくので逆光が続くと勘違いしていましたが、
同時に高度も上がってくるので、富士山が照らされます。

冬は太陽高度が低いのでなかなか富士山に日が当たりづらいのですが、
夏場は太陽高度が高く、朝7時か8時くらいには富士山全体に日が当たるようです。

写真は光により作られるものですので、光を制することが、写真を制することになります。
(知人に聞いた言葉です。)

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2018年カレンダー
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年5月18日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。