富士市周辺の水田を撮影しようとウロウロしていたところ、この光景が目に止まりました。
道路を車で走行していると、やけに存在感のある木々が生えている一帯がありました。

実はここは公園になっているんですね。
しかも下の草が生えているところは沼なんです。

どおりでちょっと普通ではない雰囲気があると思いました。

改めて撮影ポイントを探して、上手く人工物が目立たないように切り取ってみました。

今回は他の撮影の後だったので午後となりましたが、朝イチの光線状態でも撮ってみたいところです。

「新緑」は「花」などに比べると地味な存在かもしれないですが、
意外と写真として見応えのあるものになってくれます。
「緑」という色が、目に優しいです。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2018年カレンダー
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年5月17日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。