定番の雲海に朝焼けを加えて狙った一枚。
朝焼けのピークでこの色でした。

何度も通い詰めることで雲海に出会うことは多くなってきましたが、
綺麗な朝焼けにはなかなか出会えないものです。
位置的に、季節も限られます。

望遠気味とすれば一応全体的に焼けてくれてはいますが、鮮やかな色が出ませんでした。
真っ赤な燃えるような朝焼けは、不発です。

この一枚はグラデーションタイプのハーフNDフィルターを使用しています。
個人的には(シチュエーションにもよりますが)、ND2が限界という感じです。
ND4はよほど上手く使わないと違和感が出ます。
ND2でも見方によっては…

この写真の場合も、陽が当たっている上空の空よりも
陽が当たっていない手前の雲海の方が明るく出ているのですが、どうでしょう。
しかしここからの写真では、こういった表現がされる場合が多いですね。

ところで高速道路工事も少しずつ進んでいるようで、また少し人工物が増えました。
雲海の量と動き次第で目立たなくすることができますが、やっぱり気になる…
どうしても、心に引っ掛かりがあり、素直に楽しめない撮影ポイントになってしまいました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年5月18日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。