前夜入りでの雲海撮影をしました。
この日の日中に雨が上がって晴れてくるという条件で、期待した雲海が登場しました。

まだ雲海が出始めたばかりで少ないですが、
逆に風に乗ってゆらゆらと漂っている様子が大変美しかったです。

早くから現地入りしたのは、月が右手にあり斜光になるのを狙ったものでしたが、
ヌケがいまひとつでした。

初夏の湿度で上空にも良い雲流れてきたのが嬉しかったのですが、
手前の人工物がやはり気になって、どうも作品にはできません。
以前の綺麗な状態なら、気合を入れて撮るシーンだったはずなのですが…。

それから、何度か通ってみて思うのは、
月光があると余計なものまで鮮明に写りすぎてしまうことから、
月光が弱いor無いときのほうが、雰囲気が出るかもしれないということです。

雲海の量やシチュエーションにもよるとは思いますが、
月光も使いようですね。

また一つ一つ勉強していきたです。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年5月19日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。