未明の大雲海をバルブ撮影しました。

このボリューム感には焦りました。

まだ空が明るくなる前、念願の大雲海が発生したまでは良かったのですが、
その雲海が暴れだした!

大きな風の流れがあったようで、ふわっと持ち上がるように荒れてきました。

このままでは富士山が呑まれてしまう…!もうすぐ朝焼けの時間だというのに。

ヒヤヒヤしながら時間を過ごしましたが、この後になんとか雲海はおとなしくなり、
朝焼けの時間にはしっかり平らな状態に落ち着いてくれました。

こういうヒヤヒヤも含め、朝の時間帯は変化があり楽しいですね。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年6月28日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。