ご参考写真です。

身延町方面から中之倉トンネルを抜けて本栖湖までやってくると、このような空模様でした。

なにやら雲が湧いているようなので朝焼け期待だったのですが、
高感度撮影してみたら非常に面白い模様!

身延の方では雲の間から星が見えたりしていたのですが、コチラはびっしり雲、雲。
空が見える隙間はありません。

こんな雲の模様は、去年の世界遺産登録翌日(2013/6/23)の朝焼けのとき以来です。
あの日はこんな雲が真っ赤な朝焼けになりました。

この日も同じ梅雨時で、気圧配置や雲の様子から、同じことが起こると予感しました。
あの日と非常に似ている状況でした。

かなり期待して、このあと田貫湖に移動したわけですが、
全く雲の表情が変わってしまい(時間的な理由と、位置的な理由から)、ガッカリです。

あの日のようにはいきませんでしたが、そこそこの朝焼けは見られました。


ところでこの写真を撮影した本栖湖の定番の展望地は、
手前の草がボーボーに伸びてしまっていて、カメラを下に向けられない状況でしたね。
観光展望台のような場所なので、ちゃんと管理してもらえるとありがたいですね。
(冬になれば自然に枯れるかもしれませんが。)

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年6月28日

自己評価: ★☆☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。