レンゲツツジのあまり撮られないパターンの構図です。

本当に山の広い範囲にびっしりと群生しているので、撮る場所がたくさんあります。
目で見ていても楽しめますし、カメラマンが多くてもなんとか撮影場所を見つけることができます。

手前の花と富士山と両方にピントを合わせることが不可能なので、中間辺りにピントを置いて両者を妥協しました。

この日のちょっとした後悔は、光線状態。
朝の光は少し黄色味がかっているため、カラーバランスが少し不自然にもなります。
この写真は日が昇ってから時間が経ち、すっかり青空です。

この時間ともなるとヌケ(霞んでくる)や雲が湧くことが多くて難しいのですが、この日はOK。

あとで早い時間の写真とこの時間の写真を比べてみると、後の時間のほうが良い発色をしている気がしました。
これは痛い。

お気に入りポイントは朝早くに撮影を終え、残りの時間で別の場所を撮りました。

遅い時間のほうが色が良いのです(あくまで個人的な見解、そしてこの日の場合)。

本当にしっかり狙うなら、お気に入りのポイントでじっくり待つ…というやり方もアリだったかもしれません。
しかしそうすると、いろいろなバリエーションが撮れなくなりますが…
写真は欲張るとあまり良いことがなかったりもするんですよね^^;

いろいろと考えてしまいますが、今回はチョット後悔ということで、
次回は教訓を活かしてもう少し粘ってみようかと思います。

この日はワールドカップの試合を見たいがために急いでいたのが最大の問題でした(苦笑)

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年6月28日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。