前日は濃密な大雲海となり、翌日も同じことが起こるのではないかと予想して停滞。

ところが深夜になってもこの通り、まだ下の夜景が見えるではありませんか。
しかも、この時間まではずっと霧が立ち込めて落ち着かない様子でした。

ラジオでは21時くらいまで大気が不安定と言っていました。
確かにその後になって落ち着いてきたような感じはあります。

なんとか富士山が見えたものの、霞んでいるし、雲海は出てこないし…

ただ、上空を漂う雲は、朝焼けを予感させる良い雰囲気があります。

結局、このあと1時間ほどでガスが大雲海へと変貌し、
朝には雲海と朝焼けのセットで撮影できました^^

不安でしたが、ちゃんと逆転が待っているものです。
夜通しで観察していると、いつ雲海が発生するのか?というタイミングも見えて勉強になりますね。

今回は月がなく街明かりのみの撮影でしたので、
色調はベルビア50風のグリーンにしてみました。
(ただ、フィルムのような綺麗な色はどうやっても再現できない^^;)

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年6月28日

自己評価: ★★☆☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。