南アルプス白峰南嶺を縦走した際の一枚。
偶然見つけた展望地が宿泊地。

この周辺は大雑把に言えば森林限界を超えていて開けているのですが、
広角レンズでドバっと広く撮れるような箇所は意外と限られます。

偶然見つけたスペースだったのですが、
そこにちょうどある岩や植物は、作られたかのように実に見事。
赤い色をした植物があり色彩を添えてくれましたが、
あたりを見渡しても赤いのはこれだけでした。

せっかくなので光が差し込んだところで構図を構えて撮影。
それにしてもちょっと失敗したでしょうか。

標高3000mにも近い高山まで重い荷物を背負って来ているのです、
本当はのんびりした気持ちで視野を広く、この目で光景を楽しみたいのですが。

写真を撮るにも、富士山の方に何気なくカメラを向けて撮るだけなら、良いんですけど。

こういった前景を取り入れて作品化するには、
自分が移動しながら繊細なポジション取りをして、適切な高さに三脚を構えて。
構図を作り出すだけでも一苦労です。

スマホのカメラで撮るならまだしも、一眼レフを構えるのは大変なこと。

壮大な山に来てまでこんなに繊細な作業が要求されるのかと。
ちょっとお疲れ気味。

大縦走の6日目でしたので、繊細さを求めるのは酷だったかな?
仕上がりを見てみると、「もう少し上手く撮れたんじゃないか」と思ってしまいます。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年8月12日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

この日のブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。