珍しく11月に降った大雪の後の光景です。

12月~2月の真冬のシーズンに入ると、雪のあとは北風が強すぎたり、
乾燥しすぎたりと、あまり写真を撮るには適さないケースが多くなります。

この日は11月だったこともあり、まだどこか秋の空気感も残っていたような。

朝の雪景色も綺麗でしたが、その後も空気が安定していて
富士山はとてもクリアーで綺麗に見え、木々に着いた雪もなんとか落ちずにキープされていました。

もちろん日が昇ると気温が上がって次々と雪が落ちていくので、時間との戦いでもありますが。

どこで何を撮ろうかと迷いつつ、やってきた精進湖でカメラを向けました。

この日の富士山はどこか凛として、肉眼でもあまりにもクッキリと見えていました。
富士山の山頂や山腹に少し湧いた雲も雰囲気が良く、富士山も気持ちよさそう。

帰りがけ、手前の丘の木に雪が乗っているのに気付いて、慌てて車を下りての撮影。

朝は逆光ですから、このような光景は午後でないと撮れませんね。

とても気持ちよさそうな最高の富士山の表情、
そして冬らしい透明感のある空気と雪景色が見事に調和したシーンでした。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年1月16日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。