2017年の正月2日の朝焼けのシーンです。

この日は夜明け前の暗い時間から空が赤く染まり始める好条件。
カメラマンの間では「1焼け」と言われ、太陽光が間接的に雲を染めている状態。

肉眼ではその色がなんとなく感じられる程度、というほど暗いこともあります。

このときは徐々に肉眼でも赤いのがわかるようになってきたタイミング。

この日は風も穏やかで湖面の逆さ富士も実に見事。
朝焼けをここまで落ち着いた水面に写し込むのもなかなか難しいかもしれません。

まだ暗い時間のため、シャッター速度はちょうど1分。
雲の流れも閉じ込めた一枚です。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2017年1月30日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。