新道峠の大雲海と富士山の写真̌̎雨Ӫがりの大海原̏̍

『 雨上がりの大海原 』

★★★★☆

雨上がりに広がった大雲海をとらえました。

長く続いた雨が、朝方に上がる予報。
富士山山頂の気温も低く、間違いなくしっかりとした冠雪が期待できる状況。

まだ雨が完全に上がる前から車を走らせ、山へと入る。

登り始めた頃、まだ富士山は顔を出していませんでした。

そこからしばらく歩いて、決めたポイントに到着すると、
まさに雲がちょうど切れて、冠雪の富士山が登場したではありませんか。

なんという絶妙なタイミング。バッチリでした。

そこから夜景、朝焼けと撮影し、すっかり日も昇ったころの一枚がこちら。

かなりの量の雲海に圧倒されるばかり。
しっかりした長い雨に、南風での湿度供給、さらに高気圧により晴れて放射冷却、風は弱めと、雲海発生の条件を見事に満たしています。

予想通りでしたが、この量はちょっと驚き。

あまりにも濃密で量の多い雲海は、いつまでも消えることなく広がっていました。
結局、この雲海が消えたのは10時半頃のこと。

それまで雲海が上がって呑まれることもなく、ひたすらこの大海原を堪能することができました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2018年カレンダー
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年11月3日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。