塩見岳の朝です。
右のゴツゴツしたところが最も高いところ、塩見岳東峰となります。

朝になるとどんどん湿った風が吹き付けてきて、
一気に斜面を駆け上がった風は雲となって視界を遮ります。

なんとか富士山が見えた朝でしたが、この後は雲に包まれてしまい、アウト。

早々に撤退を決めて下山していきましたが、
下山中に見る塩見岳は、ずっと頭を雲に突っ込んでいました。
やはりこの日は厳しい天気でしたね。

それでもなんとか富士山が見えてくれたのは、救いでした。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2014年6月18日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。