11月に入り、雨となり冠雪も期待される撮影に出発。

雨上がりの高気圧で各地雲海が出ることは間違いなさそう。
甲府方面を目指して車を走らせていましたが、
途中の大月で別の可能性を見出して行き先変更!

大月周辺は山間部に道路が走っているため、
雲海の様子が一応わかります。

この夜は道路付近にも時折霧がかかり、低い雲海も出ていそう。
また時折雲が切れるが、その隙間から
月明かりも見えたので上の方もおそらく大丈夫だろうと。

標高はあまり高くないところなので、雲海があまり高いとアウト。
行き先変更までして雲に飲まれるのは辛く、
難しい選択でしたが山に向かってみました。

すると結果は正解!!

以前から狙っていた、山間部を縫うような雲海が目の前に。
夜中じゅう撮影していたが雲海は常に動き、落ち着くことはなし。

撮るたびに違う画になるので、飽きずに撮影できました。

風があったのかもしれないが、この辺りの雲海はあまり落ち着かない
性質があるのかもしれません。
完全な窪地などにはしっかりと溜まるんですけどね。

また、知人が大月の別の山でも撮影していましたが、
そちらではほとんど雲海は見られず、ここへ来てラッキーな結果となりました。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年11月4日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。