櫛形山から雲海と富士山の写真̌̎はじまりのՈ図̏ - 南アルプス前衛エリア࿸山梨ݼ࿹̍

『 はじまりの合図 』

★★★★☆

雨上がり二日目にして、大雲海と朝焼けの共演となりました。

本当の狙い目はこの前日。
11月の雨上がりともなれば富士山は白く冠雪、
そして雨上がりの雲海!と狙っていたのですが、
気温が高く富士山の雪はちょびっとで、
雲海もほとんど発生しませんでした。

そのリベンジというわけでもないですが、
翌日も山の上から狙ってみることにしました。

注目したのは風の流れで、
雨上がりの後、南風がずっと続くことに気づきました。

南風が続けば海からの湿った風が広くに行き渡るため、
朝の冷え込みなどで雲海になる可能性があります。

またこの日は高気圧が天気図上になかったため、
雲海は高くなると見てなるべく標高の高いポイントを選びました。

さらには低気圧が接近し高層にも雲が出ており、
朝焼けとなる典型的なパターンでした。

これらの読みが全て的中!
1800m近い高めの雲海が夜明けに発生、
上空も朝焼けに染まりました。

富士山についてしまった笠雲など、
欲を言えばいろいろと減点はあるのですが、
このシチュエーションに巡り会えたのは見事なことです。

朝焼けの雲も、高層に広がった薄いものと、
吊るし雲の一種とも取れる帯状の雲が混在し、
高さが違うためそれぞれ特徴的な染まり方をしています。

太陽の昇る位置もちょうど良く、構図も作りやすかったです。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2021年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年11月17日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。