撮影の帰りに立ち寄った精進湖にて。
朝は曇っていたが、雲は風に流れて富士山がハッキリと望める。

頭には朝から笠雲がついたままでした。

精進湖の湖畔を眺めていると、流木?のような腐った木が
湖岸に漂着しているのを発見。

一口に富士山撮影と言ってもいろいろな撮り方があります。

前景はあまり入れずに、夜景や雲をテーマとする撮り方。
前景は花や植物などがいいという考え方。

またはアクセントとして手前に何かを置いてインパクトを出す撮り方。

私もいろいろな撮り方の写真を見ながら、
自分のスタイルや、「写真とは何か」を常に考えています。

昔の自分だったら撮らなかったかもしれないショットです。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2020年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2015年11月20日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。