精進湖より望む天の川です。

2月、天の川の一番濃い部分が、夜明けの少し前に昇ってきます。
あと少しすると空の明るさに消えていってしまうという時間。
この時期の天の川は、ギリギリの儚さがあります。

さすがに”異常気象”と言えるこの冬、なんと2月に精進湖の氷結がなく、
富士山のシルエットが湖面に映し出されます。

数日前には氷結していましたが、暖かい雨などで再び溶けました。
ある意味で貴重なショットになったと思います。

休日とあって湖畔はカメラマンなどで賑わいを見せます。

車のヘッドライトが対岸を照らして白く光ってしまいましたが、
逆に画面の明るさのバランスを保つ役割をしてくれ、
遠目に落ち着きのある一枚になりました。

また、富士山の左の湖面に尾を引いている輝きは、昇ったばかりの金星であります。

- スポンサードリンク -
富士山写真家 オイ 2023年カレンダー
有償・無償にて写真データの提供も承っております。
テレビ・雑誌・カレンダー・Webサイト等に提供実績あり。ご依頼はこちらをご覧ください。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年2月16日

自己評価: ★★★☆☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。